金属(アルミ合金)3Dプリンタデモ

金属3Dプリンターでもアルミニウムが造詣で切ることが話題となっています。しかし、どんなアルミニウムでも造形できるわけではなく特定されてアルミニウムが必要なようです。

鋳造では1個作るにしても金型が必要となってきてしまいます。そしてそれを作るにはどうしてもコストがかかってしまいます。そのコストと時間を比べてしまうと3Dプリンターの方に勝るところがあるというところが最大の長所になっています。

機械加工では出来ないものに関して、また超少量生産の可能性を持っていることから金属3Dプリンターで造形できるアルミニウムは非常に注目されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る