鉄筋を作る手順について

鉄筋は建物の骨組みとして使用され、鉄くず、空き缶などが運ばれてきて、鉄くずをリサイクルして鉄筋を作ります。

鉄筋を作る前の作業としては放射性物質がないか検査をし、検査がおわりましたら大きな電磁石で鉄くずを運びます。

そして、鉄くずを溶炉にいれて鉄くずを溶かしていきます。電極棒を差し込み放電させて発生した熱で鉄を溶かしていきます。溶炉の中の温度は約1600℃になっており、溶けた鉄をおおきな鍋に移して行きます。

溶けた鉄を4つの口から引き出し、この時の温度は1500度であるそうです。そのあと水のシャワーで温度を1200度まで下げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る