チタンの発色

金属はメッキをしたり塗装をしたりと、用途に合わせて様々な色に加工することがあります。
しかし、チタンは表面に薄い皮膜を作り着色するという、少し変わった方法で発色させることができます。

チタンに作られたこの薄い皮膜は高い耐食性をもっているため、簡単に錆びたり溶けたりすることが無いのが特徴です。
つまり、チタン特有のこの方法で着色すると、色褪せてしまったり変色してしまったりせずに美しい色合いを楽しめます。
酸性雨や海風の影響をも受けにくいというこうした特性から、チタンは屋外のモニュメントにも適していると言えるでしょう。

発色の幅も皮膜の厚さを調整することで自由に変えられるため、非常に自由度が高いのも大きな魅力ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る