アルカリ金属の性質

アルカリ金属はリチウム、ナトリウム、カリウム、ルビジウム、セシウム、フランシウムが妥当します。
1価の陽イオンになりやすいことから反応性が大きく、様々なものと反応をするのが特徴です。

空気中では酸素と勝手に反応を起こしてすぐに酸化してしまいますし、水とは激しく反応して水素を発生するので非常に危険とされています。
普通に保管すると反応が起こってしまいますし、空気中の水分を吸収して溶けてしまうので、基本的に石油の中に保管されているのも特徴でしょう。

もう1つの特徴として非常に軽く、柔らかい金属であることも挙げられます。
柔らかさに関してはナイフを使って簡単に切れるくらい柔らかく、理科の実験などで切ったことがあるという方も多いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る