金属彫刻による加工技術

金属加工では、様々な加工方法により形を成形していきますが、その際に綺麗に彫刻を行うことで独自の製品に仕上げることができるのです。

彫刻を行うためには、まずパソコンなどにより図面や意匠原稿を作成してから原板を大きめに製作しますが、それを縮小させながら彫刻することで綺麗に作ることができるのです。

アルミプレートや真鍮は、自動で原板を製作することができましたが、さらにパンタグラフにモーターやスピンドルが付いている彫刻機などの機械を使えば、原板の倍率に合わせて縮小させながら、ピンで原板を彫刻していくのです。

彫刻機のピンは様々な太さがありますので、文字など彫る種類に応じて使い分けることができますよ。

金属の彫刻で大切なカッターも研磨することで、美しく彫刻することができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る