磨棒鋼は、棒鋼又はコイルを素材とし、ダイスを通して引き抜き加工した寸法制度の高い高級精密な棒鋼二次製品です。製品の素材は炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼等です。

製造方法は鉄は熱いうちに叩けのことわざの通りに一般に鋼材を作る場合には熱間圧延で成形すると加工しやすい熱間だと表面に黒皮と称するスケールが付着し、見栄えがよくなくなってしまいます。
寸法精度、長さ精度、真直性もよくなく使用する用途が限られてきてしまいます。

その黒皮材を素材よりも細い穴のあいたダイスに素材を通し、決められた寸法にすることを引き抜きと呼ばれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る