金属光造形複合加工法

世の金属の金型製作が大きく変わると期待されているのが、金属粉末を使った3Dプリンターによる金型製作技術です。
開発元であるパナソニックの製品にも現在多く実用されているこの技術は、1990年から技術開発・改良が行われてきました。

これにより金型製作技術の革新、成形技術の革新といった技術革新により、これまで複数の金型を組み合わせていた金型製作において、一体化した金型の製作が可能となったのです。
製作時間が従来工法の半分以下になるなど大幅なコストダウンも実現し、大きなメリットを生み出しました。

また今まで作るのが難しい、不可能とされた金型まで製作できるようになったため、幅広い業界の製品開発技術にも貢献している技術と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る